新着情報

2016.01.04 MON

case-1 若者の場合に「函館の風俗店で高収入を稼ごう。東京から函館まで4時間で行ける様に!」を追加しました。

企業と労働者-2013-

当たり前のように、朝起き、食事をして、歯を磨き、スーツを着て、通勤電車に揺られる。会社につけば、パソコンの電源を入れて、メールをチェック、電話が鳴れば応対し、上司と昼ご飯。

眠い目をこすりながら、書類に向かい、夕暮れを見ながら、タバコをふかす。いつもどうり多少の残業をして、同僚と居酒屋で会社の愚痴。
北海道の秋は、早い。先日まで紅葉をしきりに取り上げていた夕方のニュースでは初雪観測が話題に。終電に揺られて家につけば、さすがは札幌、いてつく寒さにヒーターの止まった寒いリビング。牛乳を一杯、飲み干すと、死んだように眠りにつく。ドリカムの歌にあるように、朝がまた来て、昨日となんら変わらない今日をまた迎えるのです。
人生の先輩からすれば、それが生きるということなんて、ありきたりのお説教を受けるのですが、ゆとり世代と呼ばれる若者の胸に、この言葉がどこまで響いているのでしょうか?

今、若者の離職率の増加が社会問題になっている。

とあるデータによると、道内の4年生大学を卒業した若者の、実に3割が3年以内に会社を退職するというデータが、各報道機関、マスコミで最近取り上げられることも、珍しくなくなった。
「ブラック企業」なんて造語が流行りだしたのも、この頃だろう。はたして、雇用する企業側の受け入れに問題があるのか、それとも、そこに臨む労働側に問題があるのか、これに関しては、賛否両論、個人の見解が様々なので、あえて触れることありませんが、今回、調査したのは、そういった若者が、どんな末路にあるのか。

今回は、北海道についてだけではなく、全国津々浦々のそれについて、ケーススタディで報告させて頂こうと思う。

この報告が、日本企業に対する問題定義ととらえるか、現代の若者のモチベーションの低下ととらえるか、それは、各閲覧者にお任せするとして、しばしの間、お付き合いいただければ幸いです。

お知らせ

【番外編】東北の風俗業の雇用状況について
近頃では景気が回復に向かっていると、ニュースや新聞でよく話を聞くが、それは大企業といわれる一部上場企業にとってのはなしで、多くの一般の方にはまだ還元されておらず、とても景気が回復しているとは実感できない。そんな中、景気の良い話が聞ける業界がある。それが風俗業だ。例として東北エリアの福島県の風俗業の雇用状況をご紹介しよう。みなさんご存知のとおり、大震災と原発の影響で一時は福島県外に避難していた方も、最近徐々に戻り始めている。また復興の為に、県外から続々と作業員が入ってきており、実は今福島には多くの人が集まり始めている。特に県外からくる人は、基本ホテル住まいなのだが、町自体がまだ復興中の為娯楽が少ない。そこでそういう方がどう遊んでいるかというと、福島 デリヘルを使って余暇を過ごしている方が多いのだ。なぜかというと土地勘がないので、どこにお店があるかわからなくても、電話一本で呼べるデリヘルが便利で良いということだ。ただ需要があっても、女の子の供給が追い付いていないお店が多数を占める。当然、お店は求人を出して女の子を全国から集めてくる。このような雇用状況の流れがここ最近うまく回っているのだ。女の子不足のお店は、高待遇の条件で女の子を集めるため、お互いにとって景気の良い状態になっている。

お役立ちサイト一覧

Site Title

おしごと三重/若者自立支援

若者自立支援センターによる地域ぐるみの支援となるお手本としてご覧いただけます。
Site Title

人材派遣のJOBリンク北海道・東北

随時、エリアに特化したお仕事が18,000件以上掲載!勤務地や業種から詳しく求人内容をご覧いただけます。
Site Title

ハッピージョブ

女性が安心して働く為のノウハウ、また、それに沿ったお仕事情報が満載。